タグ:食べ物


    絵に描いた餅は食べれないけど、これなら食べれそうな気がする!この作品はアーティストERIC WERT氏が描いた「Locavore」。信じられないと思われるが、これは写真ではなく、全てオイルペイントで描かれたハイパー・リアリスティクな野菜や果物などの食べ物たちなのである。色




    スポンサードリンク



    その国や都市からイメージできる食べ物!この作品はイラストレーターBea CrespoとフォトグラファーAndrea Portoles氏が制作した「ブランチシティー(Brunchcity)」。その国によって変わる私たちが良く知る食べ物とペーパークラフトが作り出す、食べ物の味と香り、そしてその


    年末になると飲み会やクリスマス、年越しとイベントが多く飲み食いする機会が多くなる。そんな大イベントの一つのクリスマスの食べ物や飲み物を200カロリー(200kcal:カロリーの詳細)分にまとめられたものがある。この作品は見た目で分かる可視化されたクリスマスフードの


    ドラゴンのタマゴのようなドラゴンフルーツをロッククライミングのようによじ登る小さな住人。この作品は、ブラジルの映像作家、そしてフォトグラファーWilliam Kass氏が制作した「Minimize - FOOD」。野菜や果物などの食べ物を舞台とし、それぞれの野菜や果物の特徴的な部位


    割れたピーナッの皮に描かれた虫眼鏡が必要なくらい小さな絵画。この作品はトルコのアーティストHasan Kale氏が制作したお菓子や野菜などの食べ物の小さなスペースを利用して描く小さな絵画です。食品のありえない部分に描かれる絵画は、自身の母国のトルコ・イスタンブール


    地図と言う物はその国の国名、地名などのインフォメーションを表した物ですが、制作方法によって普段と違ったインフォメーションを伝える事ができるようです。この作品は、ニュージランドのアーティストHenry Hargreaves氏とニューヨークを拠点とするスタイリストCaitlin Lev


    私たちの食生活は、様々な食材が存在し調理され提供、若しくは自ら調理し美味しくいただく事ができています。先日もフォアグラの件で世間で騒がれていましたが、食材には二極が存在します。一極は輝かしく美味しく彩られた食材の姿、もう一極が我々の生命活動に必要な栄養分


    突如食べ物に現れるキリストの肖像。世界各地で数々の目撃談が報じられるキリスト。キリストは今何を伝えようとしているのだろうか!!


    今まであまり見たことが無いハンバーガー達!ハンバーガーと言う食べものに愉快なストリーや駄洒落のようなネイミングを持たせ、見て楽しい、食べて楽しいファン・バーガー!!このハンバーガーは、「Fat and Furious Burger」と言うサイトに掲載されているThomasさんとQuent


    視覚の記憶は、写真のように心や脳に記憶され、その近い映像を見たりするとその時の記憶されたモノが呼び出されます。嗅覚も視覚同様に食べ物やその時の場面にある臭いを心や脳に記憶され、そして呼び出されます。この「GhostFood」と言うプロジェクトは、もしこの世の中に何


    白い四角い皿においしそうに盛られた食品や食材!!良く見てみると国々の国旗のデザインがされています。この面白いディッシュは、以前開かれたシドニー国際フードフェスティバルのプロモーション画像と言うことです!国旗のデザインを食材で作るというのは良くありがちです


    よっぽど・・・・・・・が好きだったんでしょうね。わかるような気がします。


    いただきまーす と言いたくなるような毛糸で出来たかわいこちゃん達。もっとおかわりしたいな


    このページのトップヘ