キャプチャリング600

普通の自撮り写真とはスケールが違いすぎる!この美しくそしてスケールがデカいセルフ・ポートレイト作品は、オーストリアのフォトグラファーNicholas Roemmelt氏が制作したもので、通常の自撮り写真の自分を中心とした写真とは違い、背景を中心とし、ウォーリーをさがせ!髣髴させられるような小ささで自身の姿を映りこませるといった手法を用いて制作がされている。

セルフ・ポートレイトと言うことなので、撮影者が自分自身を撮影した写真ということになる。多分であるが、予め撮影する場所を決め、カメラを設置し、そして自身がその中に入りたい場所まで移動して遠隔でシャッターを押したと考えられる。

これが自撮り写真であるという驚きと人の存在が背景にちょこんと入るだけで、通常の美しい自然の写真もまた違った意味を持ってしまう面白い写真。Nicholas Roemmelt氏の写真作品により、更なる写真の奥深さを感じさせられた。
 

スポンサードリンク




1.
2

1

3

NicholasRoemmelt2

NicholasRoemmelt1

NicholasRoemmelt13

NicholasRoemmelt3

NicholasRoemmelt4
 
NicholasRoemmelt5

NicholasRoemmelt6

NicholasRoemmelt7

NicholasRoemmelt9
 
NicholasRoemmelt10

NicholasRoemmelt12
 
NicholasRoemmelt11
Nicholas Roemmelt:WEB500px

images & information courtesy of
Hat tip:)

Imgsource&Photo c:TOP:Nicholas Roemmelt:WEB500px

thanks a lot ^^

----------
ライター:わらちゃん