カテゴリ: アートデザイン


    このDIYは、そんな悩みを解消してくれるとっても簡単な方法で1枚羽織れるものを作ってしまおうというものだ。用意するものは以前買ったけれどもあまり出番が少ない約1.8メートル×74センチの大き目のショール。その大き目のショールをある方法で、この画像のようなエレガント




    スポンサードリンク



    すんげ~場所に建っているというより、引っ付いている家。洞窟の家や世界最細の家や岩の家などその場所を有効利用した家の存在はあったのだが、 あえてこんな崖っぷちの場所に家を建てる意味はあるのだろうか。この崖っぷちな家は、Modscape Conceptが制作した「CLIFF HOUSE


    言葉が生まれ文字が生まれる。一字一字とって見ると無機質に思える文字ですが、文字が連なる事でメッセージや思い、感情などを生み出す、よくよく考えてみると文字と言うものは不思議な性質を持ち合わせるものだと思います。この作品は、オーストラリアのアーティスト、グラ


    もし30年~40年前にソーシャル・ネットワーキング・サービスが存在していたら。そんな事を想像させてくれるようなポスター。このポスターは、サンパウロの広告代理店Moma Propagandaがビンテージタッチで描き制作されたソーシャル・ネットワーキング・サービスのレトロなイラ


    古典的な有名絵画を実写でリメイク。これらの作品は、リメイクプロジェクトというBooooooomとアドビが行ったプロジェクトで古典的な有名アーティストの絵画をリメイクした遊び心たっぷりな楽しいリメイクアートプロジェクトです。殆どの作品が、絵画をモチーフに実写版で制作


    靴と言うのは意外とよく見られているアイテムの一つで、ビジネスシーンでは靴、ネクタイ、カバン、時計という順番でさりげなくチェックされ重要なイメージを与えるアイテム。この順番は、普段の装いの時でも通用するので靴と言う存在は、色んな意味合いで「足元を見る、見ら


    何かのルールに則って整理整頓されると清々しい気分に浸れるともいます。この作品はtumblrのサイト「Things Organized Neatly」の運営者であり、インテリアデザイナーのAustin Radcliffe氏が制作したパーフェクトに美しく並べ替え整理整頓されたシリーズ作品。全ての私たちの


    水面に落ちるカラフルな水滴が次々と作り出す幻想的な造形美。この画像は、水面に水滴を落としながら高速カメラが捉えたもので、地球上であまり類の見ない形状を作り出す「Highspeed Video of Liquid Art」という作品です。この作品の製作者は、フォトグラファーのMARKUS REU


    2011年7月の135回目の飛行をもって退役したスペースシャトル。1970年代初頭に設計と製造が始まったといいます。スペースシャトルの主な目的は、イメージ的には地球と宇宙を往復するシャトルバスのような存在で、一回打ちあげて終わるロケットとは違い、再利用を主として設計


    この世の中には鏡以外にも様々なものを映し出すものが沢山あります。それは雨上がりに出来た水溜りや水滴、ガラスの中にはいった水。それはまるでその中に世界が閉じ込められてしまったような不思議な世界観、リフレクションワールドが作り出されています。タイミングや角度


    皆さんはここは絶景!美しすぎる!クール!といった場所を幾つご存知だろうか。世界には私たちがまだ知りえない美しい自然の絶景が多く存在しているようだ。このツララとブルーが美しい場所は、フォトグラファーBrian Peterson氏が撮影したアメリカ、アパストル・アイランズ