タグ:中国


    勇気ある行動といっていいか、無謀と言うか、体を貼った哺乳類と爬虫類の「はじめてのチュウ~」。この男性は、中国・福建省の男性らしいですが、カミツキガメとキスをしています。キスと言うよりも唇に噛み付かせているだけに見えますが、この後の彼の唇がすんげ~事になっ




    スポンサードリンク



    猫が擬人化され描かれるとこうなるニャ~!この作品は中国のDeviantArtユーザーでありアーティストのxuedaixun氏が描いたニャンコ作品。色合いと中国タッチで描かれるイラストのセンスがとってもいい!猫を擬人化したイラスト作品である。猫の表情やポーズをよく捉え、もし猫


    少林寺と言うと数々の修行の末にカンフーの極意を学び強くなる、香港映画の「少林寺三十六房」を思い出します。香港映画のいいところは、初めはそんなに強くない主人公が修行を積みドンドン強くなり悪党をぶっ潰すというところにあり、そしてその中にユーモアも取り込むこと


    作られた面白さよりも偶然うまれる面白さは、例えていうならビックリマンシールのホロが入ったシール並みのレアな価値がある。この作品は中国の水道メーター検針員Tao Liuさんが撮影した偶然の重なりがオモロ~!なミラクルショット。富士フィルムのX100を片手に昼休みになる


    このイラスト綺麗だなぁ~!この作品は中国・深センのアーティストRLoN Wang氏が描いた「Impetuous world life NO6」。高くいあがる太陽、山やサクラに舞い上がるツバメ、そして大海を優雅に回遊するダイナミックなクジラが描かれた浮世な作品。色合いといい、タッチといい、


    おおおおっ!お耳が特徴的でウサギの仲間と言われればウサギにも見えるが、今までに見たことが無い動物さん。このヤバカワな岩にちょこんと座っている動物は、ピカチュのような名前を持つ可愛いウサギ!イルリピカさん。そしてイリナキウサギとも呼ばれパンダよりも絶滅の危


    カラフル・レインボーな商品の陳列!この作品はフォトグラファーRichard John Seymour氏が制作した「Yiwu Commodity City」。中国の義烏市にある中国最大の小商品卸売市場を4日間この市場を歩きまわり撮影された、造花からビニール製品、帽子にプラスティク製品などを販売す


    中国というと大きく見るとあまり良くないイメージもあるが、この女性のように一人でも自分の中の正義のために生きる人物もいる。それは人の力を借りずに一人でも断固として何かを押し通す、かなりの精神力とパワーを持ち合わせる人物なのだ。この写真はCCTVNewsのfacebookペ


    人の人生は様々で、都会に夢を見る者や何かのために極限まで節約し生きる者、ただシンプルな生活を望む者などが存在する。現在中国の北京では「鼠族」と呼ばれる人々が数百万人存在しているといわれ、それらの人々は空襲の被害から身を守るのために以前使用されていた地下防


    紫水晶として知られる宝石アメジスト。そしてインドのジャイプールやパキスタン北部なんかでよく販売されているアメジストの原石。原石は卵のような感じで割ると中にはこの画像のような感じにアメジストが詰まっている。少し余談だが、パキスタン北部のフンザにはガーネット


    時に人は何かを繰り返し行うことでその限界を超える!この動画は「Card Packing In China」。目にもとまらぬ早業でトランプをパッキングしてく光景が捉えられたもの。フレンジー系のゲームのようにテキパキとトランプ箱詰め作業を行う光景が凄すぎる動画なのだ。


    びぉ~ん、びぉ~ん!階段で遊ぶ事しか知らなかった「ばねのおもちゃスリンキー」が、こんな楽しいものだったとは知らなんだ!この動画は「Slinky Master」という、夜の屋台ぽい場所でスリンキーを巧みに操るスリンキー・マスターによる実演販売風景が収められた映像。それは